Electrolandへの移住日記

1、2、3で目を瞑って

宇宙と私の生命

私はとてつもなく広いものが苦手だ。

海とか空とか、怖い。

広いものは吸い込まれそうになる。

なかでもいちばん怖いのは宇宙。

海とか空は自分では見えないけど終わりがあることは分かっている。

でも宇宙の終わりは知らない。

 

小さいとき、親が買ってくれた宇宙の図鑑を初めて見たときからずっとずっと宇宙が怖くてしかたない。

地球の大きさと太陽の大きさを比較した絵を見たとき、すごくびっくりした。

地球の全部を私は知らないのに、太陽はそれよりも遥かに大きくて、宇宙はその太陽よりも遥かに遥かに大きい。

想像すらつかない。

 

終わりが無いって怖い。

初めて数字に終わりが無いことを知ったときのことを思い出したけれど、数字は理論上のもの。

でも宇宙は実在するもの。

「終わりが無い」ってことがちっとも想像出来ない。

怖い。

 

小学校の理科で宇宙について勉強しても怖さは消えなかった。

宇宙にすごく詳しくなったとしても、たぶんずっと怖い。

 

宇宙はすっごくすっごく大きくて、地球はそれに比べたら米粒よりも小さくて、私という人間は宇宙から見たら無いに等しいほどに小さい。

そんな私が生きる意味って?

いつかは必ず死ぬのに。

例え100年生きたとしても宇宙から見たら一瞬で死んだも同然だろう。

いや、一瞬すらないか。

 

だけど、私という人間が体感する100年はあまりにも長い。

しかもその中で、学校行ったり働いたり、病気になったり怪我したり、泣いたり笑ったり、嬉しいことも辛いことも苦しいことも、とにかくたくさんある。

働いて税金納めて物を買って社会の一部になったとしても、そんなの宇宙から見たらなんにも無い。

戦争で人がたくさん死んだとしても宇宙から見たらなんにも無い。

 

それなのに私ひとりが生きる意味とは何?

勉強して学校行って働く意味って何?

死ぬ意味って何?

 

私だけじゃない、他の人間も動物も植物もそう。

こんな小さい地球上で社会の仕組みとかアホらしい。

こんな小さい地球上で子孫を残すために生きるのなんてアホらしい。

そういうふうに思ってしまう。

社会の授業で政治とか金融とか習ったときもそういうこと考えてた。

理科の授業で生殖について習ったときも。

 

私はちっぽけだから宇宙とか広いものが怖いのだと思う、たぶん。

 

そんなちっぽけな私の生きる意味なんてたぶん無い。

絶対無い。

 

でも死ねないから生きてるだけなんだよきっと。

生まれてから死ぬ寸前までずーっと死にぞこないなんだ。

別に死にぞこないでいいし、死にぞこないって呼ばれることに嫌悪感とかない。

宇宙から見たらそんなのどーーでもいいことだもんね!

 

 

 

 

 

 

百年後地獄で会いたい

 

今日、みるきーうぇいの「地獄で会いたい」のMVが公開された。

https://youtu.be/YVUNAqnANwA

みるきーうぇいは私の大好きなバンドのひとつ。大人になるのをやめてしまったバンド。

みるきーうぇいが鳴らす音楽は私の心に深く突き刺さる。

 

そんな大好きなバンドの新しいMV!

公開をワクワク待って、見ました。

まず一言で言うと、最高。とにかく最高。

「曲」単体で見ても、「MV」として映像芸術として見ても、とにかく最高。

体育館に寝転がってギターソロを弾く香織さんは本当にかっこよかった。

そして、みるきーうぇいらしさ全開。

改めて、惚れ直した。いや、ずっと大好きだけど(笑)

かっこよくて、美しくて、感情のこもった、素敵な素敵なMVだった。

 

私がいちばん心を掴まれた部分は、

「僕が天国行きだったときは すぐ飛び降りて地獄に行くよ」

ここです。(もちろん、全部心掴まれたけどね笑)

 

地獄に行ってでも、また会いたい。自分が天国に行ける権利を持っていたとしても、それでも地獄に行ってあなたに会いたい。

 

なんて素敵なんだろう。これほどにまで人を愛せる心は間違いなく美しい。

人間はなんだかんだ綺麗事を言っても、結局は自分が大好きで、自己愛の塊みたいな存在で、やっぱり自分の為に行動してしまう。例え誰かを犠牲にしたとしても。

私は人間は基本的にはそういう生き物だ、と思っている。基本的には。

でもそんな自己愛の塊の生物でも、誰か、死ぬほどに愛する人(ここでの愛する人は、恋愛に限った愛ではない)ができたら、その限りではないと思う。そう信じたい。

そしてこれはその究極だと私は感じた。

自己愛の塊で汚い生物も、美しい生き物に変わることはきっとできるのだ。

 

この曲はラブソング。

私はまだ、ちゃんと人を好きになったこと、愛したことがない。

だからこの曲の本質的な部分はきっと理解できてないはずだと思う。

本気で人を愛したことがある人にしか分からないことがこの曲にはたくさん隠されていると思う。

私がいつか本気で愛する人ができたら、そのときこの曲を聴いたら、きっとまた違った見え方をするかもしれない。そのときが楽しみだ。

私にもいつか、「百年後地獄で会いたい」と思える人に出会いたい。

美しい生き物になれたらいいな。

 

 

 

私が、それでも世界が続くならのライブで感じたこと

2017.05.20

初めて、それでも世界が続くなら、のライブに行ってきた。最初から最後までとにかく圧倒されっぱなしのライブだった。

 

「生きててよかった」「生きてていいんだ」

じゃない。

「これからも生きてていいんだ」そう思った。

私は20歳になる前には自殺するつもりだったし、とにかく毎日死にたかった。

でもさ、それせかの、死んでしまうんじゃないかってほど全力で音楽を鳴らす4人を観てたら、なんか、「これからも生きてていいんだ」って思ったよ。

死にたいままでも、生きていける。それは苦しいけど、血を吐きながらだって生きていけるんだ。

たぶん私は、今の弱いままの、死にたいままの自分でこの先もなんだかんだ生きてるよ、きっと。

死にたいけどさ、やっぱり心の奥底では、生きたい、って思っているのかもしれない。わからないけど。奥過ぎて見えないだけかもしれない。

 

上手く言葉にできないけれど、今回のライブで私が得たものはものすごく大きかった。私の腕では抱えきれないほどのものを、それせかは渡してくれた。抱えきれないから、一部は手のひらに隠し持って、一部は引き出しにしまって、一部はベッドサイドに飾って、ゆっくりゆっくり私の体内に取り込むつもり。ほんのひと欠片だって捨てたり落としたりはしない。時間はかかってしまうかもしれないけど、確実に全部、私の身体を造る材料にする。もしかしたら材料じゃなくて接着剤になったりもするかもしれない。

 

どうしても上手く言葉にできないから、なんだかもどかしい。

とにかく言語化するのが難しい。ただ忘れてしまうのがあまりにも怖かったから書き留めてみただけの日記。そんなかんじ。

 

ほんとうにこのライブに行けてよかった。

素晴らしい時間をありがとう。

また絶対それせかを観に行く。絶対に。

 

Electroland

このブログの名前は『Electrolandへの移住日記』です。

その、Electrolandについてのお話をします。

 

ElectrolandとはGalileo Galileiの曲名です。

サークルゲームのカップリング曲です。

https://youtu.be/hnhwGCq57Bw

(タイトルが、新曲タイトル未定、になっていますがこの曲です。)

 

私はこの曲が大好きです。

曲も歌詞も雰囲気も、ざき兄の裏声も…この曲の全てを愛しています。

本当に本当に大好き。

 

『朝焼けがもうそこまで来ている

染み込んだ明かりが僕らを照らした

影さす不安と踊りあかそう せめて瞼が開くまでは

1,2,3じゃ何も消えない でも1,2,3で目をつむって

影さす不安と踊りあかそう 僕は君の隣で歌う』

 

素敵すぎませんか!?

私はこの曲の中で暮らしたいです。

Electrolandへ移住します。

影さす不安と踊りあかすのです。

とりあえず、1,2,3で目をつむりましょう。

 

1!2!3!

レコード初心者

レコードって聞いたことありますか?

私はつい最近、レコードを聞き始めました。

きっかけは好きなバンドがレコードを出したこと。

どうしてもアナログ盤で聞いてみたくて、レコードプレーヤーとレコードを購入しました。

レコードプレーヤーは初めてなので安めのものを。一万円しないくらいのものです。

使い方もよく分からないので、説明書を読み込んだりグクったり……

 

ドキドキしながらレコードに針を落としました。

 

わああああ!!!綺麗!!!

 

初めてのレコードの音にびっくりしました。

CDよりも温かみのあるとても綺麗な音です。

ライブ音源を聞いているような迫力もありました。

レコードを聞いている間は、他のすべてのことを忘れて、私とその音楽だけの世界でした。

f:id:blueberrymusic:20170210114718j:image

f:id:blueberrymusic:20170210114933j:image

 

これはレコードにハマってしまいそうですね(笑)

 

それではまた

 

 

The Wisely Brothers に魅了されています

今回は私の好きな、The Wisely Brothers というバンドについてのお話です。

 

私がこのバンドにハマったのは半年と少し前。

友達が紹介してくれて、ちょっとYouTubeで聞いてみたら、あっ!!!ってなりました。

一目惚れならぬ、一耳惚れです。

可愛らしい歌声と、言葉の綺麗な歌詞、柔らかなメロディーに惚れました。

すぐにCDを買いました。

その紹介してくれた友達と一緒に、ワンマンライブにも行きました。

ライブでは、メンバーがとっても楽しそうに演奏していたのが印象的でした。

私もとっても楽しかった!!!

 

 

「あなたのタンスに歯型をつけてさようなら」

なんて歌詞、Wiselyにしか書けないと思います。とっても素敵。

こんなに言葉って美しいものなんだ、ってWiselyの歌詞は気づかせてくれます。

他の歌詞もとっても素敵ですから是非聞いてみてください。もちろん、歌詞だけじゃなく曲もとっても素敵です。

 

またWiselyについては書くと思います。

とっても好きなバンドですから。

リンクを貼っておいたので、気が向いたら聞いてみてください(笑)

 

https://youtu.be/dcnj1OFksdk メイプルカナダ

https://youtu.be/wGuIg6KZ30U 鉄道

https://youtu.be/Zbb58jTbXv0 トビラ

 

 

それではまた

いちばん好きなバンドのお話

私のいちばん好きなバンドは、Galileo Galileiです。

私の音楽の原点です。

Galileo Galileiを好きになって、「音楽」というものを聞くようになりました。

私の中でGalileo Galileiという存在はものすごく大きなものです。

私の人生に(まだまだ少ししか生きてないですけれど)大きな大きな影響を与えてくれました。

音楽を聞くようになった、ライブに行くようになった、CDを買うようになった、音楽を通して友達が出来た。

私に生きがいを与えてくれたバンドだなって思います。

そんな大好きなGalileo Galilei、2016年の1月25日、約1年前ですね、この日に活動終了を発表しました。私は号泣しました。死ぬほど泣きました。次の日学校で、友達に「失恋したみたいな顔してるよ」って言われたほど。すごく悲しかったです。

でも、Galileo Galileiは「Galileo Galilei」をおもちゃの車に例えて、これはおもちゃの車を降りるだけだよ、って、そう伝えてくれました。

険しいコンクリートの道を走る為に、車を乗り換えるだけだ、って。

その言葉を信じて彼らが新しい車に乗って「ハロー」ってまた私達に会いに来てくれる日を、私は待っています。

 

そんな私のいちばん好きなバンドのお話でした。

 

Galileo Galileiの曲のお話、アルバムのお話、ライブのお話、いろいろ書きたいことはありますが、それはまた今度。

 

他の好きなバンドについても今度書きますね。

 

それではまた