Electroland

心を言語化する

12日目の記録

 

2017.0917

 

それでも世界が続くならのワンマンライブ、「12日目:それでも、世界が続くなら」に行ってきた。

台風が来ていて、行けるかどうか不安だったが、無事(途中で体調悪くなったりもしたけれど)ライブに行くことができた。

 

 

 

1曲目、いきなり「僕がバンドを止めない理由」ですごく驚いた。この曲はいちばん最後にやるのかと思っていたので。既にこの曲で軽く泣いてしまった。

とってもとっても優しい歌。それせかの優しさに包まれて安心した。

「私もほんとは笑いたいよ」って心が爆発した。

 

そのまま「水色の反撃」へ。このコンボで私は号泣してしまった。ステージを見られなかった。ずっとタオルに顔を埋めていた。ちょっと嗚咽を漏らすくらい泣いた。

私が頭に思い浮かべたのは、自分ではなくあの子だった。私の唯一の親友。その子のことが浮かんで、涙が止まらなくなったのだ。

あの子が、手首に傷を作りながらも生きてくれていることが嬉しかった。私は、あの子を救うことを守ることも出来ない。それなのに、生きててほしいって、私はわがままだなぁ。でも生きててほしいんだよ。

あの子が今日も生きていることが嬉しくて悔しくて泣いた。

 

「響かない部屋」を聴いて、すごく久しぶりに小学生の時のことを思い出した。忘れたことにしていたけど、忘れてなんかなかったんだなぁ。忘れていたかったけど。忘れられるわけないんだよね。私の机蹴っ飛ばして影で笑ってるの見るの辛かったよ。サッカーの時、どさくさに紛れて私の足を思いっきり蹴って笑ってたの、涙がこぼれてしまうくらい痛かったの。痛いなんて言えなかったけど。

たぶんあいつらは、そんなこと微塵も覚えてないんだろうね。むかついて涙が出た。

人に対しての恐怖心も劣等感も、たぶん一生消えない。それでも生きるんだよ。

 

「参加賞」。優しくしないでよ、泣くから。泣いちゃったよ。

 

「自殺志願者とプラットホーム」。この曲は、いちばん好きな曲。それせかを好きになったきっかけの曲でもある。割と本気で死のうかなって思ってた時にこの曲を聴いて、精神的にも物理的にも救われた曲。薬を大量に飲んでふらっふらになりながら聴いて号泣したのは忘れられない。

そんな思い入れのある曲をライブで聴けるなんて、ほんとに嬉しかった。

ライブで聴いたら絶対号泣しちゃうと思ってたけど、笑いながら泣いた。笑顔で聴いている自分にすごくびっくりした。

私はあの頃を、少し乗り越えられていたんだって分かった。私はほんの少し、強くなれたのかもしれない。

 

 

 

何曲か抜粋して、曲ごとの感想を書いてみたけど、やっぱり言葉にするのは難しい。もどかしい。

 

 

ライブは終始、優しい空気に満ちていて、それでいて心がむき出しになって、本当に素敵な空間だった。楽しかった。生きているって強く実感できる時間だった。

私は生きていた。ほんとに。生きてるよ。

 

 

 

 

 

公式海賊盤を聴きながら、書いた。備忘録。

 

 

 

幸せな時に死にたい

 

私は希死念慮をずっと抱えて生きているので、常に死にたいんですけど、時々、「いちばん幸せな時に死にたい」って思います。

 

私が今までの人生で(といっても大して生きてませんけど)、いちばん幸せだった楽しかった時は中学時代だったので、中学の卒業式後に死んどけば良かったなぁって後悔しています。

 

まぁ、もしその時ほんとうに死んでいたら、GGのラストライブも行けなかったし、それせかに出会うこともなかったけれど。

だから死ななくてよかったと少しは思えるのかな…?(あんまり思えていない気がする。GGもそれせかも大切で、出会えてほんとによかったって思うけど。)

 

でも、幸せな時に死にたいってことは、幸せにならないと死ねないってことなんです。

私は今、とてもじゃないけど、自分の事を幸せだとは思えないです。

だから死ねないのかな?分かんないけど。

 

 

 

私は幸せになれるのか、いつになったら死ねるのか。

汚い汚い汚い

 

世界はたぶん、ドブの水よりもずっとずっと汚い。

世界に美しい要素はきっとひとつもない。

私は腐りきった世界で生きているんじゃないかな。

そう思った。

 

 

誰かを当たり前のように傷つけて、俺は悪くないって叫んでる。

みんなそうだし、私もそうなのかも。

私もたぶん汚いよ。

できれば認めたくないけどさ。

 

 

こんな汚い世界で生きていかなきゃいけない我々は、すごくすごく惨めだ。

なんでこんな世界に産んだんだよ、おい。

 

こんな世界じゃ、夢も希望もありやしないね。

それでも生きていかなきゃいけないんだね。

しんどいね。

 

 

こんなくだらないことを考えながら、今日も私は息をしている。

つめがきらきら

 

久しぶりにネイルをしてみた。

セルフネイルだし、すごく下手なんだけど。

 

つめがきらきらしています。

きらきら、きらきら。

 

私は太ってるし顔もブサイクだし肌も綺麗じゃない。

コンプレックスしかない体だけど、今はつめがきらきらしている。

爪だけはかわいい。

嬉しくて自分でずっと眺めてる。

 

爪だけ可愛くなったって、別に何も変わってないのはわかってるけど。

 

つめがきらきらしていると、心も少しきらきらするみたい。

 

 

 

 

8月最終日

 

8月31日ですね。

今は通信制の学校に行っているので、夏休みが終わる絶望とか全くないんですけど。

 

去年は散々でした。ほんとに。

夏休み終わっちゃう、学校行きたくない、ってひと晩中泣き明かして、寝不足でふらふらになりながら死んだ顔で電車乗って学校行きました。

しんどかったなぁ。

 

あの頃は、高校なんて辞めたら生きていけない。って思っていたけど、ぜんぜん生きています。

むしろ今は超楽観的で、「まぁ、なんとかなるか!」って思える日が割とあります。

将来の選択肢は狭まったかもしれないけれど、学校は死ぬほど苦しんでまで行くところではなかったなぁ、と今は感じています。

中卒でも選ばなきゃ働けるだろうし(私は高卒は取ろうと頑張って?いますが)、なんなら引きこもりニートだって支援とかあるし、生きていけますよ、ぜんぜん。

 

つまり私が言いたいのは、生きてりゃ平気だよ!ってことかな。うん。

 

あの頃のせいで心は壊れて、お薬に頼らないとだし、時間もめっちゃ無駄にしたと思うけれど、その「無駄」は無駄ではないと感じています。

日本語下手でごめん。

 

その「無駄」で私は、色々な生き方を知ることができたし、世界が広がりました。いい意味でもちょっと悪い意味でも。

だから、周りが言う「無駄」とか、自分で「無駄」って思ったことも大切にしてあげられたら、きっとなにか発見できる気がします。

 

 

私はこれからも無駄でくだらない人生を歩むつもりです。

 

 

 

 

文章下手過ぎたので、たぶん似たような感じのをまた書くと思います。とりあえず31日が終わる前に載せたかった。

すごく、生きていました

 

久しぶりに中学時代の友達と遊んだ。

ご飯食べて、帰りに公園でちょっと花火とかした。

いつも引きこもっている私は、夜に外に出るだけで新鮮で、田舎で真っ暗なのに、すごくキラキラしていた。

 

笑いながらお話して、ピザ食べすぎたねって。

美味しかった。

 

レストランを出て、公園まで歩いた。

横断歩道を、特に車も来ていないのに小走りで渡った時、すごく「生きてる」って感じました。私、すごく生きていた。

 

いつも生きてんだか死んでんだか分からないような生活しているし、自傷の真似事みたいなのとか、薬大量に飲んでみて吐いたりしても、「生きてる」ってぜんぜん感じなかった。

 

夜の横断歩道を小走りで渡るような、すっごく小さなことで良かったんだなぁ。

すごく生きていた。生きてるって思った。

 

花火もすっごく久しぶりで、ほんとに楽しかった。

私の線香花火はすぐ落ちてしまって、悲しかった。

でも、すごくすごく綺麗だった。

 

体力無いので疲れてしまったし、普段あんまり食べないから胃もたれも辛いけど、そんなことどうでもいいです。

ほんとにほんとに楽しかった。ありがとう。

 

今は、楽しさの後の虚無感に襲われているところ。

息を吸って吐く!それが生きる道!

 

 

大好きなコジコジの言葉。

「息を吸って吐く!それが生きる道!違う?」

 

そうだよね、そうだよね。

息を吸って吐いて心臓動かせば生きれるもんね。

 

なんか色々複雑に考えたりするから、生きるのしんどくなるのかもね、きっと。

息を吸って吐くだけならそんなしんどくないよね。

誰かに嫌われてても、死にたくても、息を吸って吐いていればそれだけでいいんじゃないかな。

 

息を吸って吐けるの?君はすごいね!偉いっ!

 

気楽に生きたいね。