Electrolandへの移住日記

1、2、3で目を瞑って

The Wisely Brothers に魅了されています

今回は私の好きな、The Wisely Brothers というバンドについてのお話です。

 

私がこのバンドにハマったのは半年と少し前。

友達が紹介してくれて、ちょっとYouTubeで聞いてみたら、あっ!!!ってなりました。

一目惚れならぬ、一耳惚れです。

可愛らしい歌声と、言葉の綺麗な歌詞、柔らかなメロディーに惚れました。

すぐにCDを買いました。

その紹介してくれた友達と一緒に、ワンマンライブにも行きました。

ライブでは、メンバーがとっても楽しそうに演奏していたのが印象的でした。

私もとっても楽しかった!!!

 

 

「あなたのタンスに歯型をつけてさようなら」

なんて歌詞、Wiselyにしか書けないと思います。とっても素敵。

こんなに言葉って美しいものなんだ、ってWiselyの歌詞は気づかせてくれます。

他の歌詞もとっても素敵ですから是非聞いてみてください。もちろん、歌詞だけじゃなく曲もとっても素敵です。

 

またWiselyについては書くと思います。

とっても好きなバンドですから。

リンクを貼っておいたので、気が向いたら聞いてみてください(笑)

 

https://youtu.be/dcnj1OFksdk メイプルカナダ

https://youtu.be/wGuIg6KZ30U 鉄道

https://youtu.be/Zbb58jTbXv0 トビラ

 

 

それではまた

いちばん好きなバンドのお話

私のいちばん好きなバンドは、Galileo Galileiです。

私の音楽の原点です。

Galileo Galileiを好きになって、「音楽」というものを聞くようになりました。

私の中でGalileo Galileiという存在はものすごく大きなものです。

私の人生に(まだまだ少ししか生きてないですけれど)大きな大きな影響を与えてくれました。

音楽を聞くようになった、ライブに行くようになった、CDを買うようになった、音楽を通して友達が出来た。

私に生きがいを与えてくれたバンドだなって思います。

そんな大好きなGalileo Galilei、2016年の1月25日、約1年前ですね、この日に活動終了を発表しました。私は号泣しました。死ぬほど泣きました。次の日学校で、友達に「失恋したみたいな顔してるよ」って言われたほど。すごく悲しかったです。

でも、Galileo Galileiは「Galileo Galilei」をおもちゃの車に例えて、これはおもちゃの車を降りるだけだよ、って、そう伝えてくれました。

険しいコンクリートの道を走る為に、車を乗り換えるだけだ、って。

その言葉を信じて彼らが新しい車に乗って「ハロー」ってまた私達に会いに来てくれる日を、私は待っています。

 

そんな私のいちばん好きなバンドのお話でした。

 

Galileo Galileiの曲のお話、アルバムのお話、ライブのお話、いろいろ書きたいことはありますが、それはまた今度。

 

他の好きなバンドについても今度書きますね。

 

それではまた